ワンコと双子と・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kutu

今、14cmの靴を二人は履いている。
最近K君が歩く時、躓くようになってきた。
以前もそうだったんけど、また靴のサイズが小さくなってきたようだ。
半年しか履いていないのに、成長するのが早いな~。。。
まだまだ綺麗だし履けそうなんだけど、もうこの靴はサヨナラかな。

今度は15cmの靴。
14.5cmじゃ、すぐ履けなくなりそうなので15cmを買った。
この間ネットで注文したので、そろそろ届くだろう。

いっぱいいっぱい歩き出した時に履いていた靴なので、愛着がある。
成長は嬉しいのだけど、サヨナラするのがなんとなく寂しい。

二人も成長して私の手を借りずに出来ることが少しずつ増えている。
お茶碗を手で持って食べたり、靴を自分で履いたり脱いだり、車のドアを開けて乗ったり・・・。
そうやって、少しずつ私から離れていってるんだろうな~。
楽にはなってるけど、少し寂しい。

cha

↑二人は「シャキーン!」が大好き。


スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

2009.10.1 モコちゃん没
moco.jpg

先週の木曜日にオカメインコのモコちゃんが亡くなりました。
まだ4歳半でした。

双子を保育園に送り自宅に戻ってきたら、モコちゃんはカゴの下の方で踞っていました。
はじめは餌を食べているようにも見えたのですが、近づいてみると餌箱からは少し位置がずれており・・・動いていませんでした。
手の中に入れたら、まだ暖かく・・・でも体は硬直していました。

何が起きたのかわかりません。
朝起きて、カゴの布をはずした時は止まり木に止まっていたはずです。

モコちゃん、七月に翼の筋肉部分が腫れて暫く病院通いをしてました。
でも、それは完治して元気になっていたはずなんです。

ただ普段から、パニックを起して大出血したり、カゴの中で変な体制を取り羽根が沢山抜けたりと、少し変わったところがある子でした。
でも手に止まらせると、子供ともチューできるくらい、大人しい子でもありました。

30年も生きたオカメインコもいるというのに、こんなに短い命で逝ってしまったモコちゃん。
飼い主として罪悪感を感じずにいられません。
悲しくて悲しくて・・・失神してるだけなんじゃないかと暫く様子見ていたんだけど、昨日やっとサヨナラをすることが出来ました。

双子にもモコちゃんの「死」を説明はしたけれど、次の日には「モコちゃんどこいったの?」と訪ねられました。
2歳で「死」を理解するのはまだ難しいですね。。。
「お星様になったんだよ」と言うと、「お日様になっちゃった。お日様になっちゃった。」と。
お日様でもいいよね、モコちゃん。

**************************************************************
モコちゃんプロフィール

2005年4月生まれ。 ♀。
2005年7月18日、生後三ヶでフェニックスコッカティルファームさんよりお迎えしました。
WFシナモンパール・オカメインコ(たぶん)。
好きな事:ごはん、なでなでされる事。
カゴの中ではアクロバティックなポーズも取るけど、基本おっとりしてて一人で過ごすのが好きみたいでした。
だけど、チョコと私が仲良くしてると傍にやってきて、気になる様子。
あとから来たのに、チョコにはかなり強気な態度をとってました。
ちょっと我侭なお嬢様って感じの女の子でした。

テーマ:~LOVE オカメインコ~ - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。